大空への軌跡 ―never give up―
tsukame.exblog.jp

エアラインパイロットを目指してます!はっきり言って今はどん底です。。。でもいつか,絶対どん底から這い上がって,空を飛んでみせます!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りリンク

カテゴリ:ひとりごと( 8 )
3ヶ月後のXデー
飛行機が,方角も,高度も,目的地も分からないまま,
燃料も補給しないで飛んでいたとしたら,
飛行機は迷走し,いずれは失速する。
乱気流にあえば,たちまち墜落する。

人生も同じ。
しっかり目的を持って,目標を定めて,計画を立てて,
根本を忘れずに実践する生き方をしていこう。
そうすればどんな困難も乗り越えて,
絶対勝利できるはずだ。

きょう先輩と話をした。
「そろそろ勝負をかけてもいいんじゃないのか?」
「勝負をかけた日から3ヶ月が勝負だ!!」
「3ヶ月あれば,絶対結果は出せる!!」
って言われた。
その先輩は,勝負をかけた日から,
本当にちょうど3ヶ月で結果を出したそうだ。

先輩は言った。
「まだ22だろ!?何にでも挑戦できるじゃねーか!」
「お前は無限の可能性を持っている!」
「その可能性を使わないと損だぜ!?」

そっか!俺って,まだまだ若いのか!
もう年だと思ってたよ。
これからなんだよな,そう,これから。

今日から3ヶ月,12月15日か・・・。
あれ??おー!俺の誕生日じゃん!!
よーし,今日のこの瞬間から,
自分の人生に,大きな勝負をかけてみるか!!
3ヶ月後のXデーを最高の勝利で飾ろう。
[PR]
by norisky787 | 2006-09-15 23:59 | ひとりごと
センチメンタル・ジャーニー
フラれた~。。。
告白したわけじゃないけど,
彼氏との超ラブラブ~なのろけ話をされると,そりゃあねぇ。

その話を聞いたのがバイトの直前で,
本気でバイトに行くのやめようかなぁって思ったけど,
「仕事とプライベートは別だろ?」って自分に言い聞かせて,
6時間がんばった俺は偉いよ。

でも何だかんだ言って,バイト中もそのことが頭をよぎる。
そしてなぜか俺はありえないことを思いついた。

「バイトが終わったら,レインボーブリッジ見に行こうかなぁ」
いやいや,普通ありえないから。
長野からどんだけ遠いかわかるだろ??
って自分に言ったけど,自分は言うことを聞かず本当に行ってしまった。

ほら。
a0050205_10282073.jpg

ほら。
a0050205_10302350.jpg

ついでに羽田空港も。
ほら。
a0050205_1038394.jpg
バイトが終わったのが夜11:30。
長野を出たのが夜12:00。
お台場についたのが朝3:30。

俺は何やってるんだろう・・・。

帰り道,コブクロとスピッツを聞いて,
高速道路を運転しながらいろいろ考えていた。

別に彼氏がむかつくわけじゃない。
その子がむかつくわけでもない。
むかつくのは自分自身なんだよ。
嫉妬してる自分自身なんだよ。

留年するわ,自社養成に落ちるわ,航大に落ちるわ,
今までお前は何をやってきたんだ!!
いくつ結果を出してきたんだよ!!
ゼロじゃん,ゼロ!!
そんでもってフラれて,今彼女がいないからって嫉妬してさ。
祝福するくらいの言葉もかけられないのか??
どんだけ腐った根性してるんだ!!

そんな大人になりたくないよ・・・。

もう,腹くくった!!
絶対パイロットになります!!


っていってること自体,おかしいよな。
今までは本気じゃなかったのかよ。
いや,でも今回は本気の本気です。
今までそうやって,高校受験も大学受験も合格を勝ち取ってきた俺ですから。

確かに甘い心があったな。
自分の生き方を根本から見直していこう。
[PR]
by norisky787 | 2006-09-01 11:42 | ひとりごと
meaningless
「そうさ。
 女の言うことの半分以上はいつだって,
 いつだってmeaningless。
 分かりっこないぜー。」

確かに分からん。
7割くらい分からんよ。
[PR]
by norisky787 | 2006-08-26 23:59 | ひとりごと
11年ぶりに・・・
11年ぶりに会いたい人がいる。
いや,5年前にバスの中で会ったっけ。
でもあの時は,緊張のあまり声も掛けられなかったな。
今だったら,この想いが伝えられるかも・・・。

でも11年ぶりに会うのって,かなり勇気いるし,やっぱこわい。
11年もあればお互い変わっているはずだしさ。

今は,その人と航大1次のことで頭がいっぱいだけど,
航大1次に合格できたら,何か行動を起こしてみようと思う。
[PR]
by norisky787 | 2006-07-19 23:59 | ひとりごと
馬鹿にされた
馬鹿にされた。みんなの前で馬鹿にされた。

「俺は就職も決めた。大学も4年で卒業できる。
 留年したお前にそんなことを言われたくはない。」

正直,かなりムカついた。
留年したことを晒されたからじゃない。
夢に向かって必死で頑張ってることを馬鹿にされたから。
ていうか夢を馬鹿にされたから。
周りの雰囲気を悪くしないようにって思いながら必死で耐えた。

留年したのは確かに失敗だ。お前から見たら俺は「落ちこぼれ」だろう。
今までたくさん遊んだ分以上に勉強をがんばろうって決めた。
今は,予定からそれたこの道でも必死で頑張っている。
自分の夢に向かって頑張っている。
夢に向かってがんばってるヤツを馬鹿にするな。

大学を卒業することが人生のゴールじゃない。
パイロットになることも俺の目標とするゴールじゃない。
人生なんていつ終わるか分からない。
いつ終わるか分からないけど,終わったとき,そのときがゴールだ。

自分は今まで何をやってきて,どれだけの人を幸せにしてきたか。
周りを幸せにすることで,自分がどれだけ幸せを感じたか。
人生が終わるとき,自信を持って答えられるような人生にしたい。
自分がパイロットをめざすことで周りに勇気を与えたい。
欲を言うと,自分がパイロットになってたくさんの人を幸せにしてあげたい。

だけど現実問題,結果を出せなければ世間からは評価されないわけで。
それが現実だ。結果は出そう。出すしかない。
[PR]
by norisky787 | 2006-06-17 23:59 | ひとりごと
犬じゃないんだからさぁ・・・
図書館に行くために近くの公園を通った。

広場で,2歳くらいの男の子と若いお母さんが遊んでいた。
男の子はまだヨチヨチ歩き。
何やら親子でフリスビーをしているらしい。

「いーい??投げるよ?見てて」(お母さん)

お母さんがフリスビーを投げた。なかなか上手い。

「すごいでしょー!?」(お母さん)

男の子は意味が分かってない様子。じーっと遠くを見つめるだけ。
そのとき俺は,お母さんの口から信じられない言葉を聞いてしまった。

「ほら!取ってきなさい!はーやーく!!」

いやいやいや。と,取ってきなさいって。
そりゃないよ。お母さん。
犬じゃないんだからさぁ。
[PR]
by norisky787 | 2006-06-14 23:59 | ひとりごと
自分に強くなるために
「他人に優しく,自分に厳しく」
人間として,これが正しい生き方だと思ってた。
今までもずっと,それを意識しながら他人と接していた。
誰に対しても相手を思いやり,相手に不快な思いをさせないようにって思いながら,
自分の言動や行動に気を使い,相手が喜んでくれるなら,
自分が犠牲になっても構わない。
ずっとそう思っていた。

でも最近になって,この考え方で接していると,
相手は進んでいるのに,自分は置いていかれている・・・。
そう感じるようになってきた。
というか,実際にそうなっている。

きょう,父さんに言われて初めて気づいた。
自分がやらなければ,誰もやってくれない。
自分が止めると,誰がやるのか。つまり自分がやるしかない。
そういう変な使命感を持っていることに。

「現実はそうじゃない。社会や組織は,お前が考えているほどそんなに脆くない。」
他人に厳しく,自分に優しく生きるんだ」
父さんにそう言われた。
そう考えて生きていかないと,相手に流され,結局は自分が犠牲になるだけ。
やらないことよりも,犠牲になることの方が組織にとっては迷惑だ,と。
心に響いた。

でも,「他人に厳しく,自分に優しく」という生き方だけでは,
ただ自分に甘い人間になってしまうだろう。
つまり,「他人に優しく,自分に厳しく」生きながらも,またある時は,
「他人に厳しく,自分に優しく」生きるというのが,
本当の意味で「自分に強くなる」ということなんだろう。

「他人に厳しく,自分に優しく」というように,
今までと逆のことをやるのは,容易なことではない。
でも,そのバランスが自由自在に取れるようになったとき,
強い自分になって,大きく成長しているはずだ。
[PR]
by norisky787 | 2006-04-21 23:59 | ひとりごと
また雪が降った
今日の昼はずっと雨でした。
近くまで春が来てるのかなぁ,なんて思ってたら,
夜から「みぞれ」→「雪」に変わりました。
1cmくらい積もったかな。また冬に戻っちゃったって感じです。

そう言えば,JALに大きな動きがありましたね。
「6月の株主総会後に新町社長が会長に退き,西松取締役が時期社長に昇格,
 羽根田副社長と西塚専務は3月末に退任する」
という新人事が,昨日発表されました。
つまり,JALのトップ3全員が退任することになったってこと。

他にも,この3人に退任を迫った取締役4人のうち,
3人が退任,1人が代表取締役専務に昇格することで,
経営刷新,内紛収拾を目指すことになったそうです。
これ以上内紛が長引くと,確かに取り返しがつかなくなるかも。
とりあえず,これで正解だと思います。

でも,この「経営刷新,内紛収拾」ってかなり大変だよね。
「ゼロ」からじゃなくて,「マイナス」からのスタートってことでしょ?
失った信頼を取り戻すことから始めるわけだから,
会社を作るよりもかなり大変だと思うんだよな。
時間はかかると思うけど,本当に社員が一丸となって,
お客さま第一で行動すれば,もう一度必ず信頼を取り戻せると思う。
JALには頑張ってほしいと思います。

今回の内紛で,JALへの信頼を失った人も多いと思う。
でも俺は違います。むしろ,これからのJALへ期待が高まりました。

・悪いことは悪い,と言える環境がJALにはあること。
・何が正しくて,何が間違っているのかを内部で判断できたこと。

これが,今後のJALへの期待が高まった理由です。
例えば,JR西日本が去年起こした尼崎線の脱線事故や不祥事。
社員への過度な圧迫があったにも関わらず,
誰も指摘しなかった。または指摘できなかった。
会社がそういう環境を作れなかったことが,
あのような悲惨な事故を引き起こした理由だと思います。

その点JALは,TOP3に退任を迫ることが出来るほどの環境がある。
それが出来る会社には,未来があるんじゃないかな。
そこは評価するべき一面だと思います。
ライバルのANAは今のところ問題なさそうだけど,
今後,会社の将来が懸かった問題に直面したとき,
どうやって乗り越えていくのか,ちょっと興味ありますよね。
[PR]
by norisky787 | 2006-03-02 02:33 | ひとりごと
アクセス解析